目を大切にするために

 

女の子が可愛く綺麗になれるメイクアイテムのカラコンですが、使用方法を間違えると大切な目を傷つけてしまいます。今はネットやお店で簡単に手に入れることができますが、だからこそ自分のためにもルールはちゃんと守りたいものです。良いレンズの選び方はコンタクトと自分の目のサイズが合ったものを選ぶことです。レンズが柔らかいものですとコンタクト初心者の方でも試しやすいです。それと、試用期間をしっかり守ることも大切です。高かったから、まだ痛くないからと勝手に試用期間を伸ばして使用してしまう方がいますが、取り返しがつかなくなってからでは遅いので使用方法をしっかりと守り、オシャレを楽しみたいものです。

デカ目を作るカラコンの良いレンズの選び方 

カラコンは装着することで目を大きく見せることができるなどファッション性が高く、ネットなどでも簡単に変えるので利用者が増えています。一方、目のトラブルも増えてきています。 カラコンは医療機器に分類されるので、眼科を受診することをお勧めします そのコンタクトが自分の目に合っているのかわかるし、使用方法などを教えてくれます。 コンタクトの正しい使い方、ケア方法、使用期限を守ることで、目のトラブルを防ぐことができます。

発色が良いデカ目カラコンの良いレンズの選び方

デカ目をお手軽に演出するには、カラコンが最適です。良いレンズの選び方は、自分の目のカーブにあったものを選ぶことです。カラコンの箱などにはBCと記載されています。BCというのはベースカーブの略で、レンズのカーブのことをさします。一般的には、自分のベースカーブのプラスマイナス0.2が良いとされています。また、発色が良いものを選ぶポイントは、着色部分の直径が大きいものを選ぶことです。レンズの直径とは異なりますので、お求めになる際には着色直径をチェックすることをオススメします。

デカ目の効果の高いカラコン・良いレンズの選び方とは 

簡単にキュートなデカ目になれるカラコンは、手軽なオシャレアイテムですが、瞳に直接つけるものなので、よく吟味して選びたいものです。 カワイイ瞳を演出するために、カラー・着色直径の大きさなど、見た目に重点を置いて選びがちですが、レンズの品質にも注目。 インナーカラー構造という、着色部分が瞳に直接触れないレンズの構造だと安心。 過去には、カラコンが色落ちするなどの問題が取り上げられたこともあり、今では、度なしのカラコンも薬事法の規制対象になっています。国産、輸入物を問わず、厚生労働省から承認されたものを選ぶと安全です。